Home e-mail

設立趣旨



      “地域再生の担い手”として

 

 当財団は平成22年4月1日より新制度に基づく「公益財団法人」として新たに出発いたしました。新法人の事業内容は@県内企業等に対する表彰・支援事業、A講演会・セミナーの開催等、B産業・経済の振興に関する調査研究・刊行事業等となっており、基本的にはこれまでと変わらず、12年間の実績が評価され公益認定されたものであります。
 当財団はもともと七十七銀行の創業120周年記念事業の一つとして平成10年4月に設立されたもので、宮城県内における産業振興と経済発展に資することを目的としています。
 この12年間に地域経済をめぐる環境は大きく変化しました。人口の減少、少子高齢化の到来、公共事業の削減、経済のグローバル化に伴う地域間・企業間競争の激化など情勢は一段と厳しさを加えております。幸い宮城県の場合、自動車・半導体など大手企業の進出が見られ、新たな地域資源として期待されていますが、これまで地域経済の柱となっていた卸小売業、建設・不動産業、農漁業等は曲がり角に来ており、先行き予断を許さない状況にあります。
 地域経済活性化のためには、産学官連携による新企業の創出や地域の特性を生かした地域ブランドの構築・ネットワーク化等を通じて企業数をふやし、雇用機会を創出していくことが肝要かと思います。
 新しく公益財団法人となった私どもは今一度初心に立ち返り、地域との連携を強めて、「地域再生の担い手」として尽力して参りたいと存じます。産学官ならびに地域の皆様におかれましては、今後共一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とします。


平成23年6月13日
公益財団法人七十七ビジネス振興財団
代表理事 鎌田 宏


Home設立趣旨組織概要事業内容七十七ビジネス情報ディスクロージャーリンク集

Copyright (C)2000-2002,77Business Support Foundation. All rights reserved.