Home e-mail

講演会の開催について 

  公益財団法人七十七ビジネス振興財団(代表理事 鎌田 宏)では、設立20周年を記念し、下記のとおり講演会を開催いたしますのでお知らせします。

【開催要領】

◆日 時
2018年4月16日(月)午後1時30分〜午後3時00分(1時間30分)
     (受付開始予定時間午後1時00分〜)
◆場 所
七十七銀行本店 4階 大会議室
◆講 師
東京大学名誉教授 養老 孟司 

◆演 題
 「ビジネスに役立つ脳の話」
 解剖学者で「バカの壁」「遺言」などの著書で知られる養老先生の人とはちょっと異なった角度からの寸評は、数多くの著書や講演会において好評を博し人々の心をとらえています。先生の脳のお話は、現代人の盲点をつき、ものの見方が変わります。またお好きな昆虫や猫の話もうかがえると思います。
◆定 員
200名(定員になり次第締切らせていただきます)
◆締 切
2018年4月9日(月)
◆その他
・入場無料。どなたでもご参加いただけます。
・財団事務局及び七十七銀行本支店にてお渡ししております「講演会申込書」に必要事項を
 記載のうえ、財団事務局までFAXにてお申込み下さい。(または、七十七銀行本支店窓口に
 お届け下さい)
・財団ホームページからも参加申込みを承っております。(申込は下記よりお願いいたします
お車でお越しの際には、「タイショーパーキング」 (南町通と東二番町通の交差点北西)をご利用下さい。
     会場で2時間無料券をお渡しいたします。
 なお、七十七銀行の駐車場のご利用はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
     ご質問等につきましては、財団事務局までご連絡ください。(電話:022−211−9787)
●講師ご紹介
       
養老 孟司(ようろう たけし)氏 

1937年  生まれ。神奈川県鎌倉市出身。
          東京大学医学部卒業後、解剖学研究室に入る。
1981年  東京大学教授。
           その後東京大学総合資料館長、東京大学出版会理事長を歴任。
1995年  東京大学を退官。
1996年  北里大学大学院の教授(2003年まで)を務め、現在は東京大学名誉教授。
       専攻は解剖学であるが、現在は幅広く文明的な評論活動を続けている。
       2003年に刊行された「バカの壁」は400万部を超えるベストセラーと
       なった。また京都国際漫画ミュージアムの初代館長(現 名誉館長)、
       日本ゲーム大賞選考委員会委員長を務めるなど、その活動は幅広い。
       昆虫好きとしても知られる。

【主な著書】

「半分生きて、半分死んでいる」(PHP研究所)  「バカの壁」(新潮社)
「バカのものさし」(扶桑社)           「唯脳論」(筑摩書房) 他多数
「遺言」(新潮社)

申込用紙(word)
ホームページから申込みする


Home設立趣旨組織概要事業内容七十七ビジネス情報ディスクロージャーリンク集

Copyright (C)2000-2017,77Business Support Foundation.