Home e-mail


特定テーマセミナー
「地域6次産業化セミナー」
〜持続可能な「農村産業」の創造〜
開催のご案内

公益財団法人七十七ビジネス振興財団では、起業家、企業経営者、行政関係者、支援機関関係者等を対象に、下記のとおりセミナーを開催いたします。
 講師は、登米市で農畜産物の6次産業化に先駆けて取り組み、「伊豆沼ハム」「伊達の純粋赤豚」のブランドを育てた、有限会社伊豆沼農産の代表取締役である 伊藤 秀雄 氏です。
 本セミナーでは、「農業を食業に変える」を経営理念に取り組んできた当社のこれまでのノウハウや、現在の当社の取り組み、今後の農業分野が直面する課題や展望について、実例を交えながらお話しいただきます。

【開催要領】

◆日 時
2020年2月18日(火)午後1時30分〜 (受付開始:午後1時)
◆会 場
七十七銀行本店 5階会議室 (仙台市青葉区中央三丁目3−20)
◆内 容
   (1)講 演 :午後1時30分〜午後2時50分
      「持続可能な『農村産業』をめざして」
 
講 師:有限会社伊豆沼農産
            代表取締役 伊藤 秀雄 氏
  
   (2)質 疑 応 答:午後2時50分〜午後3時00分

◆伊藤 秀雄 氏 プロフィール◆
 1988年に伊豆沼農産を創業。農畜産物の6次産業化に取り組み、地域と連携した食品の一貫生産販売システムを確立。「伊豆沼ハム」や「伊達の純粋赤豚」のブランドを育て、本場ドイツの「SUFFA」食肉加工品コンテストや「IFFA」国際見本市で金賞を受賞。地域資源を活かした様々な取り組みは、農山漁村活性化への優良事例として内閣官房及び農林水産省から表彰されるなど、新たな「農村産業」を構築している。

◆定 員
40名(定員になり次第、締切らせていただきます)
◆参加費
無料
◆申込締切
2020年2月12日(水)
◆共 催
七十七リサーチ&コンサルティング株式会社

【参加要領】

◆申込方法
参加申込書に必要事項を記載の上、財団事務局までFAXにてお申込み頂くか、もしくはお近くの七十七銀行窓口までお届けください。〔参加申込書(兼受付票)は受付の際必要になりますので返却を受けてください〕
なおホームページ(下記からお入りください)からのお申込みも可能です。
◆申込先
〒980-0021 仙台市青葉区中央三丁目3−20 七十七銀行本店内
公益財団法人七十七ビジネス振興財団 担当:平野、工藤
TEL:022−211―9787 FAX:022―267―5304 E-mail:staff@77bsf.or.jp
◆その他
参加申込書(兼受付票)を当日ご持参ください。入館証と引き換えに回収いたします。
ホームページよりお申し込みいただいた方は、受付確認のメールを返信いたしますので、
プリントアウトの上、当日ご持参ください。        
・駐車場は用意しておりませんので、公共交通機関をご利用ください。

参加申込み用紙(Word)
ホームページから申込みする


Home設立趣旨組織概要事業内容七十七ビジネス情報ディスクロージャーリンク集

Copyright (C)2000-2017,77Business Support Foundation.